ふるさと納税の泉佐野市除外、総務省は継続へ

2019年10月4日 18:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 vnaoivoibonaea曰く、

 大阪府泉佐野市など4自治体が高額な返礼品を贈っていたとしてふるさと納税制度から外されたことに対し、総務省の国地方係争処理委員会は「除外は法に違反する恐れがある」として、見直しの勧告を行いましたが(過去記事)、総務省はこの勧告を拒絶して除外は適法だとの見解を決定したとのことです(毎日新聞)。

 これに対し、泉佐野市長は大阪高裁に提訴する意向とのこと。

 スラドのコメントを読む | 日本 | スラッシュバック | 政府 | お金

 関連ストーリー:
ふるさと納税制度の「泉佐野市外し」に対し総務相委員会は違法の恐れと判断 2019年09月04日
ふるさと納税の返礼品となったエアガンに対し「危険では」との声、結局提供中止に 2019年08月08日
泉佐野市など4自治体、ふるさと納税制度から外れる。泉佐野市は返礼率60%のキャンペーンを開始 2019年05月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省ふるさと納税