コーエーテクモとカプコンの特許訴訟、コーエーテクモが上告

2019年10月2日 20:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2014年にカプコンがゲームで使われる技術の特許を侵害しているとしてコーエーテクモゲームスを訴えた裁判では、2017年の一審判決ではコーエーテクモ側に517万円の支払いを、2019年9月の二審判決では約1億5,691万円の支払いを命じる判決が出ていたが、これについてコーエーテクモゲームスが上告を行なったとのこと(GAME Watch)。

 コーエーテクモゲームスは「本件判決には法令解釈および適用の誤りがあり、さらに上級審の判断を仰ぐべきである」と判断したとのこと。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 法廷 | パテント | ゲーム

 関連ストーリー:
カプコン、ゲーム関連特許侵害訴訟でコーエーテクモゲームスに勝訴 2019年09月12日
カプコンが特許侵害としてコーエーを訴えていた裁判、裁判所は一部侵害を認める 2017年12月15日
コーエーテクモ、中国で起こした著作権侵害裁判で勝訴 2017年11月09日
カプコン、特許権侵害でコーエーテクモゲームスを提訴 2014年08月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカプコン特許裁判コーエーテクモゲームス