停電地域で設置された信号機用発電機、相次いで盗難

2019年9月19日 18:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 千葉県では台風15号の影響で鉄塔や電線といった送電施設の一部が破損し、広い範囲で停電が発生しているが、停電状態の地区に警察が設置した信号機用の非常用発電機が盗まれる事態が起きているそうだ(NHKFNNテレビ朝日)。報道によると、山武市や君津市、袖ケ浦市ですでに10基の盗難被害が確認されているという。そのため、チェーンを巻いて鍵をかけるといった対策が行われたとのこと。

 とはいえ、既に事態は「カルネアデスの板」に近いからなぁ、場合によっては情状酌量の余地があるのかも。今後は、信号停電用発電機収容錠付箱が必要になるのだろう。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 犯罪 | 交通

 関連ストーリー:
台風15号による鉄塔や電柱倒壊を受け安全基準を厳しくすることが検討される 2019年09月17日
千葉県の日本最大の水上メガソーラー、台風の強風によって火災が発生 2019年09月10日
台風15号、首都圏各地で被害 2019年09月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード千葉県台風