ミュラー オブ ヨシオクボ、2019年秋冬コレクション発表

2019年9月10日 18:48

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ミュラー オブ ヨシオクボ(muller of yoshiokubo)の2019-20年秋冬コレクションが発表された。

■ルイス・バラガンの建築から着想

 シーズンテーマは「ツアー & “ルイス・バラガン”(Tour & “Luis Barragan”)」。メキシコ人建築家のルイス・バラガンが手掛ける人の心を揺り動かす美しい建物にインスピレーションを得て、大胆な色彩やパターン、独特の世界観をもたらす素材をコレクションに取り入れている。

■“光と水”をイメージしたプリント

 たとえば、アームにギャザーを寄せたコートやアシンメトリーなシルエットのブラウスには、バラガン作品に共通して見られる“光と水”のイメージを落とし込んだパターンを採用。様々な色彩が淡くにじみ出るような、オリジナルプリントを作り上げた。

■邸宅の構造を反映したチェック柄

 ジャケット&パンツのセットアップに用いたチェック柄のテキスタイルは、バラガンが設計をした邸宅から着想。直線と平面から成る邸宅の構造を、チェック柄の構成に反映している。また、バラガンが幼少期を共に過ごした愛する馬は、ウエストをキュッと結んだワンピースの模様として現れる。

■モニュメントをイメージしたピンク色スカート

 メキシコシティにそびえ立つカラフルなモニュメント「Satelite」は、その大胆な色彩から発想を得て、鮮やかなピンク色のテキスタイルに姿を変えた。ピンク色のタイトスカートやワイドパンツは、メキシコシティの象徴であるこのオブジェのように、コレクションの中で存在感を放っている。

■中庭をモチーフにした素材

 ショルダーラインをぐっと落としたオーバーサイズのジャケットには、もこもことした質感の素材を取り入れて。ダークグリーンに染まったこのファブリックは、バラガンの代表作であるプリエト・ロペス邸に広がる中庭をイメージして制作された。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミュラー オブ ヨシオクボ(muller of yoshiokubo)2019年秋冬コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース