ウォークマン40周年記念、初代ウォークマン風の見た目再現できる新モデル

2019年9月7日 21:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ソニーが携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」シリーズの新モデル「NW-A100」シリーズを欧州で発表した。ウォークマン40周年を記念し、カセットテープ版ウォークマン風のデザインを採用したモデルも発売される(AV Watchの記事1記事2)。

 3.6インチ(1280×720ドット)のタッチ操作対応ディスプレイとAndroidベースのOSを採用し、各種ストリーミングサービスの利用ができるようになったほか、単体で配信サービスからの音楽購入・ダウンロードが可能になった。microSDカードによるストレージの追加にも対応する。価格は16GBモデルが350ユーロ、初代ウォークマン「TPS-L2」のデザインを模したソフトケース付きモデルが440ユーロ。

 再生中にカセットテープのグラフィックを表示する機能も備えており、専用ソフトケースと組みわせると初代ウォークマンでカセットテープを再生しているような見た目で使用できるという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | Sony | 音楽

 関連ストーリー:
銀座・ソニービルでソニー歴代名機を実寸大で再現したクッションやポーチを販売へ 2016年05月23日
ソニーがハイレゾ対応ウォークマン新モデルを発表、お値段は10万円超え? 2015年01月07日
iPod classicがラインアップから消えた理由は部品が入手できなくなったから? 2014年10月29日
ソニー、実売7万円を超えるウォークマン新モデルを発表 2013年09月26日
ソニー、Android搭載ウォークマンを発表 2011年09月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニー

広告