アーバンリサーチ初の宿泊施設「タイニーガーデン 蓼科」長野に

2019年9月7日 21:29

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)初の宿泊滞在型施設「タイニーガーデン(TINY GARDEN) 蓼科」が、2019年9月21日(土)、長野県・茅野市にオープンする。

■アーバンリサーチ初の宿泊滞在型施設

 アーバンリサーチが手掛ける「タイニーガーデン 蓼科」は、「キャンプ」「ロッジ」「キャビン」の3タイプからなる客室に、温泉、カフェ、ショップなどが併設した滞在型宿泊施設。東京・新宿から車もしくは電車で2時間半の、八ヶ岳の麓、標高1250mの蓼科湖畔にオープンする。

■キャビン・ロッジ・キャンプサイトから選択

 温泉旅館をリノベーションした空間に和室・洋室からなる7部屋の客室を設けた「ロッジ」には、アーバンリサーチオリジナルの家具やアメニティを用意。また、オートサイト・フリーサイトを選択できる「キャンプ」プランと、そのキャンプ場を取り囲むように設置した24棟の「キャビン」への宿泊プランも展開する。

■地元食材を使った食事

 滞在時間に彩りを添えてくれるのは、美味しい食事と温泉。夕食は地元食材の魅力を引き出した季節を感じるコース料理か、キャンプエリアでのバーベキューを好みで選ぶことが可能だ。朝食は高原野菜を使ったメニューをビュッフェスタイルで味わうことができる。

■武田信玄の隠し湯を楽しめる温泉施設

 「ロッジ」のB1Fには、温浴施設「蓼科温泉」を完備。弱酸性のさらりとした泉質で、武田信玄の隠し湯としても知られる歴史ある名湯を楽しむことができる。

■地元客にも開かれたカフェやショップ

 宿泊者はもちろん、地元客にも開かれたカフェやショップも展開。ショップでは湖畔をテーマにしたオリジナルファッションブランド「EKAL」やキャンプギア、地元野菜などを販売する。

■アクティビティも

 その他にも、地域の特色を生かしたワークショップやビジネス合宿などを行うことができるマルチスペース「ワークステーション」や、湖畔をフィールドにしたヨガ、2,000m級の山々が連なる八ヶ岳トレッキング、キャンプギアを製作するクラフト体験、地元の食文化に触れる体験ツアーなどの「アクティビティ」も用意される。

【詳細】
「TINY GARDEN 蓼科(タイニーガーデン タテシナ)」
住所:長野県茅野市北山8606-1
TEL:0266-67-2234

■宿泊プラン例

・LODGE スタンダード/洋室ツイン・トイレあり・バスなし(スタンダード1泊2食付・ビュッフェ+選べるメイン料理) 12,000円~
・CABIN コンフォート A/2段ベッド(ダブル)/トイレなし・バスなし【キャンプエリア】(スタンダード1泊2食付・ビュッフェ+選べるメイン料理) 9,150円~
・CAMP オートサイト/レイクサイド(テントサイト素泊まり・キャンプ) 2,150円~
※価格は一人当たりの参考料金(サービス料込・消費税込)。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード長野県アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

広告