2019WRC第10戦ドイツ戦、チームトヨタが表彰台独占

2019年8月27日 22:54

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

2019WRC第10戦ラリー・ドイツで優勝したTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組のヤリスWRC 8号車

2019WRC第10戦ラリー・ドイツで優勝したTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組のヤリスWRC 8号車[写真拡大]

写真の拡大

 2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)の第10戦ラリー・ドイツの競技最終日が、8月25日ドイツ西南部のボスタルジーを中心に行われた。TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が優勝。クリス・ミーク/セブ・マーシャル組(同5号車)が総合2位で、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(同10号車)が総合3位でフィニッシュし、ヤリスWRCは初めて表彰台独占を果たした。

 最終日のデイ4は、サービスパークの北側、モーゼル河畔に広がるモーゼルワインのブドウ畑で2本のステージを各2回走行。4本のSSの合計距離は79.50kmだった。デイ3で首位タナックを筆頭に1-2-3体制を築いたチームトヨタの3人のドライバーは、道幅が狭くツイスティなコーナーが連続するブドウ畑のステージを堅実に走行。4本のステージを走り切り、2017年のWRC復帰以来初となる1-2-3フィニッシュを達成した。

 タナックにとって今回、ラリー・ドイツ3連覇となり、今シーズン5勝目。ドライバー選手権首位の座を守り、2位の選手に対するリードを33ポイントに拡大した。

 また、ミークがチーム加入後初めて表彰台に立ち2位となった結果、チームは最大のマニュファクチャラーポイントを獲得。マニュファクチャラー選手権2位の座を維持し、トップのチームとの差を8ポイントに縮めた。

 なお、単一のマニュファクチャラーが表彰台を独占したのは、2015年のラリー・ドイツ以来4年ぶり。優勝した前戦フィンランドはチームトヨタにとってホームイベントだったが、ドイツもヤリスWRCのエンジン開発を手がけるTMG(トヨタモータースポーツGmbH)の所在地であり、2戦連続ホームイベントで勝利を飾ったことになる。

 TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムにより、今回初めてヤリスWRCをドライブしてWRCに出場した勝田貴元/ダニエル・バリット組(17号車)は、最終日も安定した走りでヤリスWRCをフィニッシュさせ、初出場のラリーを総合10位で走破した。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
WRC第9戦、ラリー・フィンランドでトヨタ優勝、ドライバーズポイントでトップ
チームトヨタ、WRCポルトガル戦優勝、ドライバー選手権首位に2ポイントに迫る
WRC第6戦、チーム・トヨタのヤリスWRC 8号車優勝、次戦以降は欧州戦

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車世界ラリー選手権

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース