銀河系の中心にある超大質量ブラックホール、突然輝き出す

2019年8月23日 08:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 銀河系の中央に存在するブラックホールが、突然明るく輝きだすという現象が観測された。原因は不明だという(Popular ScienceScience AlertGIGAZINE)。

 観測に成功したのは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の天文学者Tuan Do氏らの観測チーム。このブラックホールは「Sagittarius A*(Sgr A*)」と名付けられているもので、5月13日に2時間半以上の間、通常の75倍の明るさで光っていたという。これについてIN Deep8月5日付で発表された論文によると、Sgr A*がこれほど劇的な変化を見せた理由は不明だが、 ほかの天体によってSgr A*に流れ込むガスの流れが変わり、短期間に大量の物質がブラックホールに供給されたためではないか推測されている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
史上初のブラックホールの直接撮影に成功 2019年04月12日
国立天文台などが中間質量ブラックホールを発見か 2019年02月14日
宇宙最速で成長しつつある超大質量ブラックホール 2018年05月25日
超新星爆発なしにブラックホール化した天体を観測した可能性 2017年05月31日
世界中の電波望遠鏡を組み合わせてブラックホールを撮影するプロジェクト、観測完了 2017年04月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードブラックホール

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース