マーケットエンタープライズの19年6月期は、新サービスが順調であったこともあり当初の想定を上回る

2019年8月14日 16:44

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ユーザビリティの向上を推進した結果、利益水準も向上

 ネット型リユース事業を展開するマーケットエンタープライズ<3135>(東マ)の19年6月期は、新サービスが順調であったこともあり、大幅増収増益となった。

 新サービスである農機具・医療機器といった商品の取扱規模拡大、オウンドメディア運営の収益化、通信領域の伸長により、当初の想定を上回る結果となった。

 既存サービスにおいては、前期に新規開設した2拠点(西東京、札幌)による買取商圏拡大や、買取に係るWebマーケティングの精度向上、リユース市場規模の成長を背景に商品の取扱量が増加した。その一方で査定業務のオートメーション化をはじめとした買取に至るプロセスの更なるIT化やサービスサイトにおけるユーザビリティの向上を推進した結果、効率化が図られたことによって、利益水準も向上した。

 その結果、19年6月期連結業績は、売上高84億72百万円(前年同期比33.8%増)、営業利益4億52百万円(同368.6%増)、経常利益4億55百万円(同379.4%増)、純利益2億03百万円(同538.0%増)となった。

 今期20年6月期については、事業買収により加わったサービスをはじめとした新規事業の収益化、また、既存事業の拡大に向けた積極投資・取組を続けながらも、収益性を維持した展開を目指すとしている。

 20年6月期連結業績予想は、売上高100億円(前期比18.0%増)、営業利益6億円(同32.7%増)、経常利益6億02百万円(同32.2%増)、純利益2億70百万円(同32.5%増)を見込む。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ジャガー・I-PACE(画像: ジャガー・ランドローバーの発表資料より)
  • マツダCX-5「TOUGH-SPORT STYLE」アクセサリーパッケージ装着車(画像:マツダ発表資料より)
  • SKYLINE 400R SPRINT CONCEPT(写真:日産自動車の発表資料より)
  • イチョウ並木育成イメージ(画像: グンゼの発表資料より)
  • 軽の元祖とも云うべきキャロルにもツートーンカラーの設定があった ©sawahajime
  • 700系新幹線 (c) 123rf
  • 土星の近くを通るパイオニア11号のイメージ図。(c) NASA Ames
  • 原始惑星系円盤内でガスが滝のように流れる様子の想像図 (c) NRAO / AUI / NSF, S. Dagnello.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース