三菱UFJ、AI活用のニュース配信サービスを法人向けサイトで提供

2019年8月11日 20:00

小

中

大

印刷

今回の提供のイメージ。(画像: ストックマークの発表資料より)

今回の提供のイメージ。(画像: ストックマークの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 三菱UFJ銀行は、同行の法人向けポータルサイト「MUFG Biz」において、AIを用いた記事クリッピングサービスの運用を開始した。ストックマークが提供する「Anews」を採用し、世界中の大量のWebニュース記事をAIが解析、チームや組織にとって重要なニュースを配信する。

【こちらも】AIによる小説執筆、実用化に近づく Books&CompanyのAIが文章生成に成功

 ストックマークは2016年に創業し、テキストデータの解析や、AIを活用した意思決定サービスの開発・運用を行っている。同社は、組織で効率的に情報を共有できるWebニュース情報プラットフォーム「Anews」や、営業日報や商談メモなどを解析し、営業戦略立案をサポートする「Asales」などを運営する。

 「Anews」は世界3万のWebニュースサイトから毎日配信されるニュースをAIが自動で収集、記事の文脈を自然言語で解釈し、チームや組織に重要なビジネスニュースを配信。また、類似記事や別メディアの記事も抽出する。

 特に重要と思われる情報については、コメントを付けてチームや組織にインサイトを共有することができる。このため、現場からトップまで、常に変化するビジネス環境を捉えながら情報を共有し、リスクとチャンスの分析を支援することで、組織としての意思決定のスピードアップに役立てるとしている。これまでの導入実績は1,000社以上になる。

 「MUFG Biz」は、財務状況、取引状況、資金調達状況など、ビジネスの上で必要な情報を提供する法人向けポータルサイトだ。今回はAPIを利用して「Anews」から毎日ニュースを受信し、会員に提供する。(記事:まなたけ・記事一覧を見る

関連キーワード人工知能(AI)三菱UFJ銀行

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース