Windows XP、3分の1近くの企業で依然稼働か

2019年8月2日 12:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 IT関連コンサルタント事業を行っているSpiceworkdsによる「The Future of Network and Endpoint Security」というレポートによると、32%の組織で少なくとも1台以上のWindows XPマシンが稼働しているという(TecgRepublicGIGAZINE)。

 なお、2020年にサポートが終了するWindows 7が稼動している組織は79%で、これはWindows 10の78%を上回っているという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | Windows

 関連ストーリー:
SteamのOSシェア、Windows 10が70%を超える 2019年07月06日
3月のデスクトップOSシェア、Windows XPがLinuxと同レベルまで減少 2019年04月07日
1月のデスクトップOSシェア、Windows 10が40%を超える一方でWindows 7も微増 2019年02月07日
サポート終了まで残り1年のWindows 7、依然として高いシェアを保つ 2019年01月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードWindows 10Windows 7Windows XP

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース