仕事用の電子メールを自分のスマホで受信することは危険か

2019年7月29日 21:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 taraiok曰く、

 BYODなどの概念が流行ったことで、多くの人が勤務先の仕事専用のスマートフォンを用意することは減った。結局は一つのスマートフォンで大半の用事が済んでしまうことが分かったからだ。しかし、Mediumの記事によるとそれは危険な行為であると警告する。仕事用のメールアカウントが、バックグランドであなたを監視している可能性があるためだ(MediumSlashdot)。

 スマートフォンに仕事用の電子メールアドレスを追加すると、MDMプロファイルのインストールが求められることがある。MDMには、電子メールサーバの設定や資格情報とその鍵などが含まれている。多くの人はそれを盲目的に受け入れてしまうだろう。しかし、MDMプロファイルとデバイス管理ツールを組み合わせれば、会社は従業員の端末を追跡することも可能になる。場合によってはあなたのデータをリモートで抹消することすら可能だ。

 MDMプロファイルには企業VPNのインストール機能を持たせることができる。VPNを経由して企業ネットワーク経由で通信を行った場合、その通信内容を企業側が追尾することも可能だ。Hexnode社のようなサードパーティ製のMDMツールの中には、「機器の位置情報を監視することで、従業員の業績を評価できる」、「特定の場所で過ごした時間を把握し、業績への影響を判断できる」といった点をセールスポイントにしている製品もあるという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ビジネス | 携帯電話 | プライバシ

 関連ストーリー:
米国で「従業員の私物携帯電話を業務利用させる雇用者はその費用の一部を支払うべき」との判断が出る 2014年08月26日
Gartner予測、2017年までに企業の半数が従業員に私物デバイスの業務利用を求める 2013年05月03日
私的デバイスの業務利用はプライベートな時間が削られる 2012年08月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードスマートフォン

関連記事

広告