「類は友を呼ぶ」の良いこととそれだけではダメなこと

2019年7月29日 21:07

小

中

大

印刷

 私の古くからの友人の経営者ですが、「自分の周りには悪人がいない」といいます。だまそうとして来たり、借金を申し込まれたり、自分の都合だけをゴリ押ししてくるような人は、自分の記憶の中では、今まで出会っていないそうです。
 友人はその理由を、「自分も素行が悪かった頃があり、相手が悪人かどうかわかるから」と言っています。たぶんそれだけではなく、直感的なものも含めて、自分にとって好ましくない「悪人」が近寄りがたい何かがあるのでしょう。

 そう言われると、私自身も同じような感覚があります。私は威張る人、自慢話が多い人、強引な人、自己中心で周りを振り回す人などが嫌ですが、そういう人に巻き込まれた記憶があまりありません。
 自分であえて排除した覚えもないので、たぶんそういう相手があまり近づいてこないのだと思います。その理由は、自分では無意識なのでくわしくはわかりませんが、付け入るスキがないように見えるのか、単純に話がしづらいのか、何か遠ざけるような雰囲気があるのでしょう。

 その友人とは「共通の友人にもそういう人はいないし、結果として何か共通の価値観を持った人が集まってくるのかも」と話しています。意識的に何かしているわけでありませんが、どこかで自分の価値観に合う人も見極めていて、それが「類は友を呼ぶ」というようなことになるのでしょう。

 たぶんどんな人でも、何かしら自分の感性で相手のことを判断していて、その結果として周りに集まってきやすいタイプの人がいます。それが自分にとってあまり良くない人だと、いつもだまされたり振り回されたりということもあるでしょう。
 私と友人の場合は、「類は友を呼ぶ」が都合よく働いているということです。

 こんなことに関連して、ある社長が、「自分が一緒に働きたいと思わない人は採用しない」という話をしていました。そういう人を自分の会社で仕事をさせても、結局あまり成果は出ないし、今までの経験から、その見極めには自信があるそうです。
 実際、これは中小企業の採用ではよくあることで、「社長がOKしなければ入社させない」という会社は相当たくさんあります。社長の「類は友を呼ぶ」が採用基準の一つになっています。

 ただ、ここで注意しなければいけないのは、「自分が苦手な人でも、その相手と気が合う、仲良くなれるという人は、必ず誰かどこかにいる」ということです。社長やその周辺の人と、タイプや価値観が違っても、いい仕事をする人はたくさんいます。

 会社組織の強さを考えたとき、規模と多様性は「正の相関」があります。人数が多い方がつぶれにくいですし、いろいろなタイプの人がいた方が、何かあったときに実行できる選択肢が増えます。
 社長一人の目が全体に届くくらいの規模であれば、「社長の価値観と合うこと」が採用基準でもよいですが、「その人と気が合う他の誰か」がいないと、社員数は増えず、組織内の多様性は増さず、今まで以上の成長を目指すことが難しくなります。

 人によって許容範囲の広い人も狭い人もいますが、対人関係の中での得手不得手は、どんな人でも必ずあります。個人の付き合いは自分の許容範囲の中でやればよいですが、組織での人間関係はそれだけでは足りません。
 ただし、それは「自分が我慢して付き合うこと」だけでなく、組織の中には「自分以外の誰か」がいて、「自分の苦手な人でも気兼ねなく付き合える人」が必ずいます。

 個人同士の関係が組織につながっていくとき、「類は友を呼ぶ」だけではない多様性の重要さを強く感じます。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

広告

写真で見るニュース

  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース