ファーストリ、ソフトバンクG株は、資産形成の対象になりうるか!?

2019年7月29日 11:41

小

中

大

印刷

 日本経済新聞・電子版の大引け後の場況を必ず読む。そしてかなり高い頻度で目にするのが、日経225構成銘柄である「ファーストリテイリング(以下、ファーストリ)」「ソフトバンクグループ(同、ソフトバンクG)」の2企業である。

【こちらも】ベンチャー投資にはリスクが付き物なのもお忘れなく

 日経平均株価が前日比「+」で引けた時は「ファーストリ、ソフトバンクGが牽引」、逆の時は「ファーストリ、ソフトバンクGの値下がり響く」といった具合である。具体的にそれぞれの「日経平均押し上げ値段」「引き下げマイナス影響率(%)」などが記されることも少なくない。

 断るまでもないだろうがファーストリはユニクロを主体とする、アパレル業界で世界3位のSPA(企画・製造・小売りを一環展開)企業。ソフトバンクGは「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」第2弾(約12兆円)を発表した、いまや「投資企業」の色合いが濃い。

 正直、これまで両社を株式投資の対象として「俎上載せる」ことを意識したことがなかった。だが連日の如く「場況」欄に登場する2社が果たして、中長期投資の対象=株式投資による資産形成の対象となるのかどうかを振り返ってみた。

 ファーストリの主力:ユニクロの2019年8月期の既存店売上高推移は「上半期:99.1%」に対し、下半期入り後の3月-6月期は107.1%と盛り返す動きを見せている。が、本稿作成中の時価は6万7200円台。アパレル小売業界のアナリストの株価予想を示すIFIS目標平均株価は6万7045円。時価を「妥当水準」としている。

 ただ中長期スパンで捉えた場合、こんな結果が残っている。17年8月期の初値(3万6400円)で仕込み時価まで保有していると、株価上昇だけで投下原資は約85%増えている。

 一方のソフトバンクGはどうか。「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2号立ち上げ(約12兆円規模)」「米携帯スプリントとTモバイルの合併承認」といったニュースを好感した点もあろうが、時価5660円台に対しIFIS目標平均株価は7416円と「当面、上値余地あり」を示している。

 一方中長期の株価動向はどうか。17年3月期の初値(5380円)で買いここまで持ち続けていると、19年6月末の1:2の株式分割効果もあり原資は2倍強に増幅している。

 無論、ここから3年前後持ち続けても過去3年前後のパフォーマンスを享受できる保証などない。だが今回振り返り、「個人投資家の関心の高い優良企業は、資産形成の観点から注視に値する」と痛感した。(記事:千葉明・記事一覧を見る

関連キーワードソフトバンク日経平均ユニクロファーストリテイリング

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース