トヨタ、中国CATLと新エネルギー車用の電池で包括的パートナーシップ締結

2019年7月21日 13:04

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 トヨタ自動車は、中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と中国政府が推し進める新エネルギー車(NEV)シェア拡大にそなえて、NEV用電池の安定供給と発展進化に向けての包括的パートナーシップを締結した。

 電池の供給のみならず、駆動用バッテリーに関する新技術の開発、品質の向上、さらにはリユースやリサイクルなど幅広い分野における検討を開始した。

 CATLは、グローバルで優位性のある駆動用電池システムの世界トップのサプライヤーであり、近年、世界で急速に自動車の電動化が進むなか、中国国内や海外の多くの自動車メーカーに認められている。一方のトヨタは、世界的なハイブリッド車普及のパイオニアとして、電動車の開発・生産・販売に関する豊富な技術と経験を持つ。

 CATLとトヨタは、電動車を普及させるためには、電池の安定的な供給はもとより発展進化が必要であると考えており、両社で体制を整え具体的な取り組みを進めていく。

 今後、電池や電動車開発で培った両社が有する技術により、電池の供給のみならず、発展進化に関して幅広い分野において検討する。具体的には、NEV用電池の開発・供給、電池システムの新技術開発、セルの品質向上、電池のリユースとリサイクルが大きなテーマとなる。

 今回の協業により両社は、CATLの電池開発・供給力とトヨタの電動車および電池開発技術を持ち寄り、魅力ある電動車の開発とさらなる普及に取り組んでいくとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
「NHK学生ロボコン2019」盛況のうちに閉幕。プロも注目する、学生の創造力
「タイムズ24」、電気自動車のカーシェア、8月から開始、当初予定100台導入
電気自動車の最高峰レース「フォーミュラE」と、電力利用の効率化に貢献する「SiC」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車ハイブリッド車中国

広告

広告

写真で見るニュース

  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース