久保建英、レアル・マドリードでトップチームデビュー

2019年7月21日 13:20

小

中

大

印刷

 20日(現地時間)、アメリカ・テキサス州ヒューストンでインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)初戦が行われ、レアル・マドリーがバイエルン・ミュンヘンと対戦した。この試合、ベンチスタートだった日本代表MF久保建英が1点ビハインドの後半開始から投入され、早くもトップチームデビューを果たした。

 背番号26をつけた久保は、世界最高峰とされるレアル・マドリーのトップチームで、「白い巨人」として知られるユニフォームを最初に着た日本人となった。ICCは、世界のビッグクラブの間で行われるプレシーズンマッチであり、今後の試合でも出場が期待される。

 今夏にFC東京から加入した久保は、カスティージャ(Bチーム)に所属する予定だったが、ジネディーヌ・ジダン監督から昇格候補として期待されトップチームに帯同していた。

 試合は前半15分、バイエルンが先制して1-0で前半を終えると、レアルは後半開始から久保を含め複数の選手を一気に投入した。

 4-3-3システムの左サイドMFに入った久保は、いきなり得意のドリブルで深い位置に切れ込んでクロスを上げた。終始、シンプルにボールを捌きながらドリブルやスルーパスで見せ場も作り、チームにリズムを与える役割を果たす堂々としたデビューぶりであった。

 試合はバイエルンが後半に2点を追加する展開となり、レアルはFKを直接決めて1点を返すに留まり、3-1でバイエルンが勝利した。

関連キーワード久保建英

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース