Nintendo Switch、バッテリー持続時間が長くなった新モデル登場

2019年7月19日 21:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 任天堂がゲーム機「Nintendo Switch」のマイナーチェンジモデルを発表した。名称は「Nintendo Switch」のままで、外見や機能などの仕様も同じだが、旧モデルでは「約2.5~6.5時間」だったバッテリー駆動時間が「約4.5~9.0時間」になっている(4Gamerファミ通.comGAME Watch)。

 先日発表されたNintendo Switch Liteの方がバッテリー駆動時間が長い(約3.0~7.0時間)と思っていたら、無印の方が大幅に長くなった。かねてより任天堂は無印のSoCもLiteと同じTegra X2に変更すると報道されており、今回の持続時間向上はそれによる省電力化の影響と思われる。噂されていた上位版というのはこれだろうか?

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 任天堂 | ハードウェア | ゲーム

 関連ストーリー:
携帯モード専用の「Nintendo Switch Lite」、9月20日発売へ 2019年07月11日
任天堂、SwitchをVRゴーグル化する「Nintendo Labo: VR Kit」を発表 2019年03月07日
TegraのUSBリカバリモードに脆弱性、Nintendo Switch上で任意のコードが実行可能に 2018年04月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード任天堂Nintendo Switch

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
  • 超新星爆発のイメージ。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース