国鉄時代の車内の香りを再現した石けんが登場

2019年7月18日 18:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 鉄道をテーマにした各種グッズを「COQTEZ」ブランドで展開するビイエルテイが7月1日、「国鉄の香り石けん」を発売した(MdN)。

 同社は2017年に国鉄時代の車内の香りを再現したというルームフレグランスを開発している。2017年の乗りものニュース記事によると、この「国鉄時代の車内の香り」というのは「少し鼻をつく、何ともいえない独特のにおい」とのこと。

 「国鉄の香り石けん」の価格は1,404円(税込)。 また、同時に国鉄運転席のレプリカ品も発売された。こちらは受注生産となっており、価格は33万8,040円(税込)。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 変なモノ | 交通

 関連ストーリー:
元SLやまぐち号の12系レトロ風客車が大井川鐵道へ 2018年03月03日
「若い女性の匂い」がするというボディーソープや制汗剤、男性にも注目される 2019年05月30日
Xboxのシャワージェルやデオドラント、7月にオーストラリアとニュージーランドで発売 2019年06月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 水蒸気噴火のイメージ。
  • 2019年上半期にSUV新車販売トップとなったホンダ「ヴェゼル」。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース