「苦手な仕事」「やりたくない仕事」にどうかかわるか

2019年7月18日 17:12

小

中

大

印刷

 ある会社の部長が、どうしても苦手でやりたくない仕事があるそうです。
 「部長になればそんなことがあるのは当たり前」「ゴチャゴチャ言わずにやればいい」と言ってしまえば身も蓋もありませんが、本人にとっては相当切実なようです。

【こちらも】「つらい仕事」や「大変な仕事」と「やりたくない仕事」の違い

 こうなった時にできることは、三つほど考えられます。
 一つ目は、自分が我慢してやることです。それだけでは何も変わらないので、最短時間で終われるように効率化する、気分を変えたりスキルアップしたりして、苦手意識でなくすことなどはできそうです。
 ただ、苦手なことを嫌々でやる限り、それほど良い成果は見込めないでしょう。

 二つ目は、他にやってくれる人を探すことです。部長であれば誰か部下がいるでしょうから、この方法が一番実現性は高そうです。
 ただし、指示した部下にはそれなりに納得してもらう必要があります。「部長の指示だから仕方がない」「自分のためになりそう」「そんなに嫌な仕事じゃない」など、納得してくれる理由は何でもいいですが、少なくとも部長からは何らかの説明をしなければなりません。
 これは理屈が合っていれば良いというものではなく、納得のためには共感してもらうことが必要です。「自分が苦手なので頼むよ」でも「君の経験にとってプラスだよ」でもいいですが、そこには部長に対する尊敬、信頼、親近感など、何かしら部下が認めた人間性が必要です。そんなことは無視して、権威で抑えてつけてやらせる方法もありますが、強制は確実に反発を生みますから、あとから困ることが出てきます。
 だからと言って、下手に出ても、必ずしも共感されるとは限りません。警戒されたり軽蔑されたりすることもあり、こればかりは部長の日ごろの行動と人間性次第です。

 また、自分にとっては苦手なことでも、それが好き、得意という人は必ずいます。そういう人を身近に見つければ、説明の労力は軽くて済みます。そもそも、苦手な人にやらせても成果は出ませんから、より良い人を適材適所で考えるのは、部長の役割としては普通のことでしょう。

 三つめは、その仕事自体をなくしてしまうことです。実はもともと優先度や必要性が低い仕事かもしれませんし、その仕事をやらない代わりに、何か違う対応をすればよいことかもしれません。それを考えたり調整したりすることは、部長クラスであれば普通にやることですし、十分可能なことでしょう。

 このように、「やりたくない仕事」「苦手な仕事」への向き合い方には、いくつかの選択肢がありますが、この部長の問題は「愚痴を言いながら我慢してやる」という以外に何もしていないことです。ああだこうだと言いながら、基本的に無作為です。

 これが一般社員であれば、権限もありませんから、何もできないのは仕方がないところもありますが、最近は新入社員であっても、自分が指示された仕事に関する意義の説明を上司に求めます。ちょっと古い世代の上司は、「黙って言われたことをやればよい」などと不満を言いますが、他人の指示で動かなければならないことを、説明を受けて納得したいと考えるのは自然のことです。少なくともそうやって自分から行動しようとします。

 しかし、この部長は自分から行動しません。ただし、それは行動力がないというよりは、別の選択肢を持っていないからのようにも見えます。部下との信頼関係や周囲との関係、調整能力といったところがあまりないようです。
 しかし、それは結局日々の仕事ぶりの積み重ねの結果として起こっていることです。たぶん同じような無作為、無責任といったことが他の様々な場面でもあったはずで、周囲からのサポートを受けにくい立場を自分で作ってしまっていたのではないでしょうか。
 特に、部長として、ほぼ通常のマネジメントにあたる二つ目の対応をしないのは、何か相当な事情があるか、それとも能力が不足していることしか考えられません。

 いずれにしても、自分に困ったことが起こる原因は、自分自身で作り出していることがあります。そこでは「自ら行動しない」ということが、意外に大きな位置を占めているように思います。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース