東京為替:ドル・円は108円10銭台、全般様子見で小動き

2019年7月17日 13:47

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:47JST 東京為替:ドル・円は108円10銭台、全般様子見で小動き
17日午後の東京市場でドル・円は108円10銭台と動意は薄い。具体的な材料が乏しく、全般的に様子見ムードが広がる。米10年債利回りは2.10%付近で下げ渋るほか、米株式先物はプラス圏を維持しており、ドル売りは後退。半面、日経平均株価と上海総合指数は軟調地合いが続き、株安を嫌気した円買いが観測される。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円11銭から108円30銭、ユーロ・円は121円25銭から121円39銭、ユーロ・ドルは1.1207ドルから1.1215ドルで推移した。《MK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース