セブンイレブン、沖縄に進出

2019年7月13日 09:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 セブンイレブンが7月11日、沖縄県に初出店した。那覇市など計14店舗が同時にオープン、今後も店舗数を増やしていく方針だという(毎日新聞日経ビジネス)。

 沖縄県内に弁当や惣菜、デザートなどを製造する工場2カ所を設置し、県外と同様の商品を展開しつつ、「ポーク玉子おむすび」や「タコライス」など沖縄向けの商品も展開するという。

 逆に沖縄向け商品も全国で売って欲しいところ。

 沖縄のセブンイレブンのレジでは全国に先駆けて「自動釣り銭器」も導入されるほか、ハイブリッド車や電気自動車での配送を行ったり、バイオマス素材を使ったレジ袋を使うと言った試みも行われるそうだ(日経新聞)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | ニュース

 関連ストーリー:
セブンイレブンの生ビール販売、話題になるも中止に 2018年07月19日
セブンイレブン、トヨタの燃料電池関連システムや燃料電池小型トラックなどを導入へ 2018年06月11日
セブンイレブンが店舗数2万店を達成 2018年03月05日
調布市の電気通信大学前セブンイレブンでは24時間電子部品が買える 2017年04月06日
セブン-イレブンアプリに外部IDで不正ログインできる脆弱性が存在するとの報道 2019年07月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車セブンイレブン沖縄県

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース