地球外生命体の探査機説出た恒星間天体「オウムアムア」、否定する論文発表

2019年7月4日 18:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 以前小惑星「オウムアムア」は地球外生命体の探査機という説という話があったが、これを否定する論文が発表された(朝日新聞Nature Astronomy誌掲載論文)。

 オウムアムアは細長い形状や岩石質/金属質の成分、そして太陽からオウムアムアが遠ざかる際の加速から探査機説が浮上したが、論文によるとその成分が人工的なものであることは確認できず、加速についてもその程度は小さく少量のガスの噴出で説明できるとしている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
史上初めて観測された恒星間天体は彗星だった 2018年07月01日
太陽系外から飛来した天体「オウムアムア」、表面には炭素を含む層があることが判明 2017年12月21日
初の恒星間天体「オウムアムア」は金属質で細長い葉巻形をしていた 2017年11月22日
小惑星「オウムアムア」は地球外生命体の探査機という説 2018年11月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地球外生命

広告

財経アクセスランキング