停電で工場停止、6エクサバイト相当のフラッシュメモリが影響

2019年6月29日 09:54

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 6月15日、三重県四日市市で工事用ワイヤロープと送電線との接近が原因で約13分間の停電が発生した(中部電力の発表)。この影響で東芝メモリとウエスタンデジタルが共同運営するフラッシュメモリ生産工場の一部設備が停止し、メモリ生産に影響が出ているという(マイナビニュース日経新聞PC Watch)。

 ウエスタンデジタルの発表によると、「現時点では約6エクサバイトのフラッシュウェーハ供給が減る」と予測しているという。

 被害をバイトで言われると凄い量に感じる。ちょっとした停電でも、半導体産業への被害は甚大である。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ビジネス | 電力

 関連ストーリー:
中部電力で0.07秒間の電圧降下発生、四日市工業地帯に大きな影響 2010年12月09日
サムスンのNANDフラッシュ工場で30分間の停電、3月の世界供給量の3.5%に相当するウェーハが損傷 2018年03月18日
東北地方太平洋沖地震の余波で世界のシリコンウエハーの4分の1の生産が停止 2011年03月22日
電車の電力設備内に入り込んだナメクジ、回路をショートさせ鉄道運休の原因に 2019年06月26日
北海道節電要請、計画停電は回避できるか 2018年09月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三重県中部電力半導体東芝メモリ

関連記事