Intel、C++ベースの新プログラミング言語「Data Parallel C++」を開発中

2019年6月27日 20:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Intelが新たなプログラミング言語「Data Parallel C++(DPC++)」を開発しているという(マイナビニュースFOSSBYTES)。

 この言語は、CPUやGPU、FPGAといったアーキテクチャの異なるハードウェア間で統一されたプログラミングモデルを提供することを目指すOneAPIという活動の下で開発されており、C++をベースとしているという(Intelの発表)。詳細についてはまだ分かっていないが、OneAPIは2019年第4四半期にベータ段階になると見られており、その辺りで詳細が発表される可能性がある。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | ハードウェア | Intel | プログラミング

 関連ストーリー:
米ニューハンプシャー州、プログラミング言語BASICの創造を記念する歴史案内板を設置 2019年06月19日
「脆弱性の多いプログラミング言語」ランキング、C言語が大差で1位に 2019年03月29日
Microsoft、フィジカルプログラミング言語の研究と技術を米NPOに移譲する計画 2019年01月26日
Microsoft、量子コンピュータ向けプログラミング言語のプレビュー版を年内公開予定 2017年09月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel

広告

広告

写真で見るニュース

  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース