Intel、C++ベースの新プログラミング言語「Data Parallel C++」を開発中

2019年6月27日 20:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Intelが新たなプログラミング言語「Data Parallel C++(DPC++)」を開発しているという(マイナビニュースFOSSBYTES)。

 この言語は、CPUやGPU、FPGAといったアーキテクチャの異なるハードウェア間で統一されたプログラミングモデルを提供することを目指すOneAPIという活動の下で開発されており、C++をベースとしているという(Intelの発表)。詳細についてはまだ分かっていないが、OneAPIは2019年第4四半期にベータ段階になると見られており、その辺りで詳細が発表される可能性がある。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | ハードウェア | Intel | プログラミング

 関連ストーリー:
米ニューハンプシャー州、プログラミング言語BASICの創造を記念する歴史案内板を設置 2019年06月19日
「脆弱性の多いプログラミング言語」ランキング、C言語が大差で1位に 2019年03月29日
Microsoft、フィジカルプログラミング言語の研究と技術を米NPOに移譲する計画 2019年01月26日
Microsoft、量子コンピュータ向けプログラミング言語のプレビュー版を年内公開予定 2017年09月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntel

広告

写真で見るニュース

  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
  • マイナーチェンジしたホンダ・シャトル。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース