火星独特の不思議な雲、スペースデプリの大気突入が原因か

2019年6月21日 18:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 taraiok曰く、

 火星には他の惑星には見られない独特の雲がかかっていることが知られている。しかし、天文学者たちは、この雲の発生原因をうまく説明できなかった。この「meteoric smoke(気象煙雲)」と呼ばれる雲は、風によって地表の粉塵が舞い散る低高度の雲と異なり、同様に化炭素粒子の周囲に核を形成する高高度の雲とも異なるものとされる(GEEK.COMVICESlashdot)。

 6月17日にNature Geoscience誌に掲載された研究によると、meteoric smokeの発生原因は、火星の大気に衝突するスペースデブリによって生成されたものではないかとしている。研究チームはNASAの探査機などの情報から、火星では1日平均で2〜3トンのスペースデブリが衝突していることが分かったという。

 デプリは火星に突入する際に大気中でバラバラになる。その過程で、大量の粉塵を空気中に拡散していく。チームはコンピューターシミュレーションを使用し、この火星の大気の流れと乱流の再現に成功したという。彼らはこれらの奇妙な雲は、火星の気候に影響を与える可能性があるとしている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星 | 宇宙

 関連ストーリー:
インドの人工衛星破壊で生まれたデブリ、国際宇宙ステーションのリスクとなる 2019年04月08日
スーパーブラッドウルフムーンに隕石が衝突していた 2019年01月25日
2月6日、南大西洋に隕石が落下していた。爆発規模は原爆と同レベル 2016年02月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA火星惑星

広告