OSS開発プロジェクト、多くは持続可能なほどの収入を得られずか

2019年6月19日 22:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 オープンソースソフトウェアの開発に携わっているAndré Staltz氏によると、知名度の高いオープンソースソフトウェアでも多くはそれによって得られる収益が少なく、「業界標準」ところか貧困と言われるレベルの収益しかないものもあるという(Staltz氏のブログSlashdotGIGAZINE)。

 氏はOpenCollectiveで支援を募っている58のオープンソースプロジェクトについて、そのプロジェクトに携わっているフルタイム開発者と、プロジェクトへの支援額を調べたそうだ。その結果、支援によって開発者1人あたり6桁ドル(10万ドル、約1,084万円以上)の収益を得ているのはVue.jsやWebpackといった限られたプロジェクト(全プロジェクトの3%)だけで、半分以上のプロジェクトが「貧困レベル」の収益しか得られていないと推測できたという。

 ただし、こういった収益の少ないプロジェクトにおいても、企業に雇われている開発者がプロジェクトに貢献しているというケースがあるため、携わっている開発者が必ずしも貧困であるというわけではない。しかしStaltz氏はそれでも企業に所属していない開発者の貧困問題は残っているとし、オープンソースソフトウェアを使っている企業はその収益をオープンソースソフトウェア側に還元していない、寄付による支援こそがオープンソースプロジェクトの持続可能性に繋がると主張している。

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | ビジネス

 関連ストーリー:
オープンソースソフトウェア開発の健全なエコシステムとは 2018年09月08日
英国のITニュースサイト「The H」、うまくマネタイズできなかったとして終了 2013年07月23日
ソフトウェアの価格は最終的に0になる? 2008年11月27日
Mozilla、収益の大半をGoogleから得る 2008年11月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードオープンソース