Adobeなど、Photoshopで修正した写真を検知や元に戻す手法開発

2019年6月18日 19:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Adobe Systemsとカリフォルニア大学バークレー校(UCB)が、Photoshopの顔写真用加工・修正ツール「Face-Aware Liquify」を使って修正した写真を検知したり、修正された部分を元に戻す手法を共同で開発した(Adobe BlogITmedia)。

 この手法は畳み込みニューラルネットワーク(CNN)という人工知能技術の1つを使用しており、PhotoshopのFace-Aware Liquifyを使って修正した画像を大量に用意し、その画像を使って学習を行わせたという。その結果、99%の精度で修正された画像を検知できるようになり、さらに写真内のどの部分をどのような手法で変形させたのかを特定し、修正された部分を元に戻すことにも成功したそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | グラフィック | 人工知能 | 変なモノ

 関連ストーリー:
Adobe、人工知能技術を使って画像中でレタッチされた部分を検出する技術を開発中 2018年06月29日
NTT各社、固定電話の通話を自動分析し詐欺を検出するシステムの実証実験を行う 2019年05月13日
フランス、レタッチされた写真にその旨を明記することを義務付ける法律を施行 2017年10月11日
キヤノンの「レタッチ検出システム」、破られる 2010年12月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)Adobe

広告