ロッテリア、「夏ビーフ」と「夏チキン」のバーガーを期間限定で発売へ

2019年6月18日 19:08

小

中

大

印刷

ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)

ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • バッファローチキンバーガー。(画像:ロッテリア発表資料より)

 ロッテリアは“夏ビーフ”「ロッテリア クラシック チリミート」と“夏チキン”「バッファローチキンバーガー」を、7月18日から期間限定で販売すると発表した。東京・大阪・名古屋の15の店舗では、7月11日からの先行販売となる。

【こちらも】ロッテリア、約2杯分のメガサイズ「アイスコーヒー」「アイスカフェラテ」発売へ

■ロッテリア クラシック チリミート

 オーストラリア産ビーフをメインに使ったビーフバーガーである。クォーターパウンド、約113グラムの、つなぎを用いない本格的な100%ビーフは、牛肉本来のうま味や香味が味わえる。

 ソースはチリミートソースで、ひき肉、にんにく、たまねぎ、トマトなどを炒めてスパイスを加え、辛みを抑えながらも香辛料の効いた味に仕上げている。

 バンズは通常のものより一回り大きい、直径約11cmのオリジナルのもの。それでパティとソース、スライスチーズ・レタスを挟んである。

 価格は税込(以下同)で、単品が680円、ふるポテセットが1,070円。ふるポテセットというのはバーガー、ふるポテ、そしてドリンクMのセットである。販売期間は7月18日から9月下旬まで。

■バッファローチキンバーガー

 スチームオーブンで焼き上げたグリルチキンを挟んだチキンバーガーである。パティは焼き上げた後香ばしく素揚げし、パプリカやクミンなど8種の香辛料とりんご酢、はちみつを合わせたバッファローソースをからめてある。

 さらにシャキシャキのレタスとともにバンズで挟み込んだものが「バッファローチキンバーガー」だ。

 価格は単品390円、ふるポテセットが780円。販売期間は7月18日から8月中旬まで。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードロッテリア

広告

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース