「ピーターラビット カフェ」2号店、新商業施設「横浜ハンマーヘッド」に10月オープン

2019年6月17日 11:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ピーターラビットのオフィシャルカフェ「ピーターラビットカフェ」の2号店が、2019年10月に開業を予定している横浜の新複合施設「横浜ハンマーヘッド(YOKOHAMA HAMMERHEAD)」内にオープンする。

 2015年3月に誕生した「ピーターラビット ガーデンカフェ 自由が丘」が絵本シリーズの生まれ故郷である英国湖水地方をイメージしている一方で、今回オープンする「ピーターラビットカフェ 横浜ハンマーヘッド店」は、ロンドンを意識した都会のテイストを加えることで、新しいピーターラビットの世界観を演出。

 店内では、ピーターの大好物である新鮮な野菜や果実を豊富に使ったブッフェコーナーのほか、絵本やキャラクターをモチーフにした横浜ハンマーヘッド店限定となるオリジナルメニュー、英国由来の各種グルメなどが楽しめる。

 また、店舗の一角には、初の業態となるクレープ店「ピーターラビット クレープリー」も出店。こちらでは、絵本の世界観を表現したフォトジェニックなクレープやソフトクリーム、ドリンクを提供する。

【店舗情報】
「ピーターラビットカフェ 横浜ハンマーヘッド店」
オープン時期:2019年10月
場所:ハンマーヘッド ショップ&レストラン
営業時間:10:00~22:00(予定)
定休日:施設に準ずる
※メニュー写真は、自由ヶ丘店のメニュー。

【問い合わせ先】
株式会社ラケル
TEL:03-5778-0450

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース