マザーズ指数は大幅反発、後場一段高、バーチャレクがストップ高/マザーズ市況

2019年6月14日 16:29

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:29JST マザーズ指数は大幅反発、後場一段高、バーチャレクがストップ高
 14日のマザーズ指数は大幅反発となった。13日の米国株式市場で主要3指数が揃って3日ぶりに反発した流れから、本日のマザーズ市場は朝方から買いが先行した。好業績銘柄や個別で材料のあった銘柄中心に物色を集めた。また、後場にかけて日経平均がじりじりと上げ幅を拡大するなか、個人投資家のセンチメント改善にも寄与し、マザーズ指数は大引けにかけて一段高となった。なお、売買代金は概算で944.94億円。騰落数は、値上がり218銘柄、値下がり56銘柄、変わらず10銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、バーチャレクス・ホールディングス<6193>がストップ高となったほか、フィンテックグローバル<8789>やジェイテックコーポレーション<3446>なども2ケタ上昇になった。ジェイテックコーポレーションは、光学素子の開発及び基板加工開発に取り組む新たな事業開始を開始したことが好感された。売買代金上位では、そーせい<4565>、JMC<5704>、ロゼッタ<6182>、ラクスル<4384>、チームスピリット<4397>、サンバイオ<4592>、JIG−SAW<3914>が上昇。一方で、リボミック<4591>やイトクロ<6049>は軟調。《SK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース