東京為替:ドル・円は動意薄、日本株は97円安で取引終了

2019年6月13日 15:11

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:11JST 東京為替:ドル・円は動意薄、日本株は97円安で取引終了

 13日午後の東京市場でドル・円は108円30銭台と、動意の薄い値動きが続く。日経平均株価は前日比97円安の軟調地合いで取引を終えた。ただ、上海総合指数はプラス圏を維持しており、株安を嫌気した円買いは弱まっている。全般的に次の材料待ちで動きは鈍いようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円17銭から108円54銭、ユーロ・円は122円18銭から122円56銭、ユーロ・ドルは1.1287ドルから1.1301ドルで推移した。《FA》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
  • 双子原始星からのふぞろいな分子流と円盤の想像図 (c) 国立天文台
  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース