スバル、「フォレスター」を一部改良し7月18日に発売 新色追加など

2019年6月11日 11:23

小

中

大

印刷

フォレスター X-BREAK マグネタイトグレー・メタリック。(画像:SUBARU発表資料より)

フォレスター X-BREAK マグネタイトグレー・メタリック。(画像:SUBARU発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 SUBARU(スバル)は、クロスオーバーSUV「フォレスター」を一部改良し、7月18日に発売する。価格は消費税込280万8,000円~309万9,600円。

【こちらも】スバル・新型フォレスター「e-BOXER」に乗ってみよう(1) 別世界の発進加速フィール

 フォレスターの初登場は1997年。現在のモデルは2018年に登場した5代目で、SUBARUのグローバル戦略車、「最量販車種」と位置付けられている。

 2018年度JNCAP衝突安全性能評価で「大賞」を受賞し、さらに同年のJNCAP予防安全性能評価でも最高ランクである「SSV+++」を獲得するなど、その安全性に対する評価は確たるものがある。

 5代目フォレスターはクラストップレベルの衝突・危険回避性能、快適な乗り心地、優れたハンドリングなどを実現し、またSUBARU初の乗員認識技術である「ドライバーモニタリングシステム」を搭載。電動技術と水平対向エンジンの組み合わせである「e-BOXER」を搭載した「Advance」はグレード別販売構成で全体の約半数を占めている。

 今回の改良は、後席の荷物置き忘れを画面表示とブザーで知らせる「リヤシートリマインダー」を採用。さらに新色として、「マグネタイトグレー・メタリック」を追加したというもの。

 フォレスターのグレードは、Advanceのほか、Premium、Touring、X-BREAKがある。駆動方式はいずれもAWD。

 ボディーカラーは、今回追加されたマグネタイトグレー・メタリックのほか、クリスタルホワイト・パール、アイスシルバー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、クリムゾンレッド・パール、ホライゾンブルー・パール、ダークブルー・パール、ジャスパーグリーン・メタリック、セピアブロンズ・メタリックがある。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードSUVスバルフォレスター

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース