海底探査技術を競う「Ocean Discovery XPRIZE 」、日本チームが準優勝

2019年6月4日 13:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 海洋研究開発機構(JAMSTEC)および東京大学、九州工業大学を中心としたチームによる海底探査プロジェクトチーム「Team KUROSHIO」が、海底探査技術を競う国際競技会「Ocean Discovery XPRIZE」で準優勝、約1億1千万円を獲得した(産経新聞朝日新聞XPRIZEの発表)。

 この競技会は、自律ロボットで海底を測量して地形図を作成し、その広さと正確さを競うもの。32チームが参加していた。また、優勝した米国チームは14か国のメンバーが参加する国際チームで、日本財団が支援を行っておりこちらにも日本人が参加していたという。優勝賞金は約4億4千万円。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
Team KUROSHIOがShell Ocean Discovery XPRIZEの第1ラウンドを突破 2018年03月09日
JAMSTEC、深海での発電現象を確認 2017年06月02日
海洋研究開発機構などが自律探査ロボットでの海底探査プロジェクトにチャレンジ 2017年02月23日
無人海底探査機「かいこう」の子機が行方不明に 2003年06月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボット東京大学海洋研究開発機構九州工業大学

関連記事

広告