香川県にはネット監視班が存在

2019年6月1日 13:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 香川県には「インターネット差別事象監視班」というチームが存在し、ネットの監視を行っているそうだ(毎日新聞)。

 このチームは県から1人、市町から5人の計6人が参加しており、複数のネット掲示板を監視。「同和地区」に関する悪質な書き込みを見つけた場合に削除を要請するという。この活動では過去16年間で計1580件の書き込みについて削除を要請し、半数近い763件が実際に削除されたという。

 なお、奈良県では2003年にネット掲示板への差別投稿をチェックする試みを行っていたそうだが(過去記事)、こちらが現在も続いているかは不明。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット

 関連ストーリー:
Facebookの監視員、給料は安く精神的苦痛は大きい 2019年03月01日
Facebookの投稿監視用ルールブック、秘密の内容が明らかに 2017年07月01日
朝日新聞、社員による2ちゃんねる荒らし行為を謝罪 2009年04月01日
奈良県全市町村が共同でネット掲示板への差別投稿をチェック 2003年06月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード奈良県香川県

広告