スーパーのライフ、Amazonの「Prime Now」に出店 生鮮食品を販売へ

2019年5月31日 12:40

小

中

大

印刷

両者のロゴ。(画像: ライフコーポレーションの発表資料より)

両者のロゴ。(画像: ライフコーポレーションの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 スーパーマーケットの「ライフ」が、アマゾンジャパンのプライム会員向けサービス「Prime Now」に出店し、生鮮食品食品の取り扱いを始めるという。2019年中に東京都内の一部地域で開始する予定だ。

【こちらも】Amazon、「プライム」会費を値上げ 年会費は4900円に

 ライフは首都圏と関西圏に273の店舗を構えるスーパーマーケットチェーンである。単独の食品スーパーとしては、国内売上高1位の規模を誇る。ライフコーポレーションで運営しているネットスーパー事業も存在するが、こちらはそのまま継続されるとのこと。

 Prime Nowは、日本では2015年11月に始まったサービスで、惣菜や冷凍・冷蔵食品、飲料や酒、日用品やコスメ・美容品、ベビー用品、ペット用品などを取り扱う。品揃えや配送対象エリアは順次拡大されており、また2017年4月からは、百貨店・ドラッグストアの出店が始まった。具体的には現在、日本橋三越本店、ココカラファイン、マツモトキヨシが提携店となっている。

 新しいサービスは、対象地域のアマゾンプライム会員を対象に、ライフが扱う生鮮食品をPrime Nowを通じてオンラインで注文すると、最短2時間で配送が行われるというもの。具体的には、ライフ店内で店員が注文品を梱包し、Prime Now専用の配送員が運搬を行う。このサービスの配送料などは未定となっている。

 なお、食品を扱うアマゾンジャパンのプライム会員向けサービスは、Prime Nowを含めて3つある。他の2つはAmazonパントリーとAmazonフレッシュである。パントリーの方は常温保存可能な食品しか取り扱わないが、フレッシュは2017年4月以来、生鮮食品を扱うサービスとして既に展開されている。

 フレッシュは月会費が500円(税込)の付加サービスではあるが、今回「Prime Now」向けではあるが、プライム本体にも生鮮食品の取り扱いが大規模に取り込まれることになり、今後ともアマゾンの食品分野への拡張がどこまで進んでいくのか興味は尽きないところだ。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードAmazonAmazon.co.jp日本橋三越本店マツモトキヨシライフコーポレーション

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース