クラフトジンの祭典「ジンフェスティバル 東京 2019」天王洲で開催

2019年5月24日 20:04

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 クラフトジンの祭典「ジンフェスティバル 東京 2019」が、天王洲キャナルサイド B&C HALL、T-LOTUS M及び周辺施設にて開催される。日程は、2019年6月8日(土)と9日(日)の2日間。

 2回目の開催となる「ジンフェスティバル 東京」は、21カ国・200銘柄以上のジンを様々なスタイルで体験できるイベント。今回は、倉庫型のイベントホール=B&C HALLをメイン会場とし、65社以上の出展・協賛企業による21カ国・200銘柄以上のジンが集結する。

 お気に入りのジンとトニックウォーターを選んでジン&トニックを味わったり、スペシャルカクテルを味わったり、無料セミナーに参加したりと様々な楽しみ方ができる。またジンの見どころは味わいや香りだけではなく、各メーカーの個性あふれるボトルデザインにもある。初心者は、まずお気に入りにボトルデザインからジンを楽しむのもよさそうだ。

 なお、「Tennoz Harbor Market」が同時開催されるので、一緒にショッピングや食事を楽しむことも可能。200メートルに渡るボードウォークなど天王洲キャナルサイドの解放感あるロケーションで、初夏の風を感じながらジンの魅力に触れてみては。

【詳細】
ジンフェスティバル 東京 2019
日時:2019年 6月8日(土)11:00~20:00、6月9日(日)11:00~18:00
場所:天王洲キャナルサイド B&C HALL、T-LOTUS M及び周辺施設
住所:東京都品川区東品川2-1-3
入場料:無料(一部有料スペース有)
同時開催:Tennoz Harbor Market

■チケット詳細 ※試飲は有料(チケット制)

チケット初回購入 1,000円(チケット×5枚+特別展示会場=T-LOTUS M入場パス)
チケット追加購入 500円(チケット×5枚)
※試飲1銘柄10ml=チケット×1枚(試飲はチケットのみ、現金不可)
※ジン&トニック500円(現金のみ)
※チケットは会場で購入が可能

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース