ボーイングの737MAX型機シミュレーターにも欠陥、事故状況を再現できず

2019年5月24日 09:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 昨年10月と今年3月にボーイングの737MAX型機が墜落する事故が発生したが(過去記事)、パイロットの訓練などに使用されるボーイングのフライトシミュレータソフトウェアでは、これらの事故時に類似した飛行条件を再現することができなかったという。ボーイングはこれについてソフトウェアの欠陥だと認め、修正を行ったという(AFP)。

 同型機の墜落事故においては、ソフトウェアに不具合があったことがすでに伝えられている(Engadget日本版)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | IT | 交通

 関連ストーリー:
ボーイングの航空機製造時の検査自動化計画に対し批判 2019年05月16日
ボーイング曰く、737 MAXのDisagree alertは無効化したのではなく、有効になっていなかったのだ 2019年05月03日
ボーイング737MAX8の墜落事故、自動制御システムの誤作動が原因か 2019年04月09日
墜落したボーイング737 MAX、オプション扱いの安全機能を搭載していなかった 2019年03月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードボーイング

広告