「Google Glass」に機能を大幅強化した新モデルが登場

2019年5月23日 23:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 GooogleのARデバイス「Google Glass」に新モデルが登場するそうだ。新モデルの名称は「Glass Enterprise Edition 2」。価格が従来の1500ドルから999ドルに下がったほか、デザインやスペックも大きく変更されている(ITmedia)。

 ディスプレイ解像度は640×360ピクセル。SoCにはSnapdragon XR1を採用し、メモリ3GB、ストレージは32GB。OSはAndroid 8(Oreo)。一般には販売されず、企業向けとしてパートナー企業から販売される形となる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | Google

 関連ストーリー:
Google Glassの業務用向け新バージョン「Enterprise Edition」登場 2017年07月20日
エリック・シュミット氏曰く、「Google Glassはまだ死んでいない」 2015年03月26日
Google Glassの一般販売が中止へ。企業や開発者への提供は継続 2015年01月19日
Google Glassは普及せず、セグウェイのようなニッチなツールになってしまう? 2014年11月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidSnapdragon

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース