「Google Glass」に機能を大幅強化した新モデルが登場

2019年5月23日 23:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 GooogleのARデバイス「Google Glass」に新モデルが登場するそうだ。新モデルの名称は「Glass Enterprise Edition 2」。価格が従来の1500ドルから999ドルに下がったほか、デザインやスペックも大きく変更されている(ITmedia)。

 ディスプレイ解像度は640×360ピクセル。SoCにはSnapdragon XR1を採用し、メモリ3GB、ストレージは32GB。OSはAndroid 8(Oreo)。一般には販売されず、企業向けとしてパートナー企業から販売される形となる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | Google

 関連ストーリー:
Google Glassの業務用向け新バージョン「Enterprise Edition」登場 2017年07月20日
エリック・シュミット氏曰く、「Google Glassはまだ死んでいない」 2015年03月26日
Google Glassの一般販売が中止へ。企業や開発者への提供は継続 2015年01月19日
Google Glassは普及せず、セグウェイのようなニッチなツールになってしまう? 2014年11月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidSnapdragon

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース