Lenovo、折り畳み有機EL採用PCやARゴーグル試作品を公開

2019年5月17日 21:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

90曰く、 Lenovoが「世界初」という折り畳み型の有機EL採用ノートPCを発表した(PC Watch)。

 商品名は未定だが筐体には「ThinkPad X1」のロゴが刻印されており、ペン入力に対応する。先日話題になったSamsungの折り畳み可能なスマートフォン「Galaxy Fold」と同様に内側に閉じることができ、広げると13.3インチサイズになる。筐体は多少厚めで、フットプリントの小ささと相まってXTRAシリーズ登場前のThinkPadに近いサイズ感のようだ。

 また、TrackPointを搭載しない薄型ノートPC「ThinkBook」という新ブランドの試作機やThinkPad X1シリーズの新製品、ARヘッドマウントディスプレイ「ThinkReality A6」も発表された。ThinkReality A6は視野角40度、解像度1920x1080ピクセルのディスプレイ表示器を備え、首掛けの「バッテリユニット」にSnapdragon 845を搭載。Android OベースのOSを採用する。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | モバイル | ハードウェア

 関連ストーリー:
2019年第1四半期のPC出荷台数、全体では前年割れする一方でLenovoとDellは引き続き増加 2019年04月14日
Samsungが折り畳み型スマホを発表、HUAWEIも続く 2019年02月25日
タブレット出荷台数、16四半期連続で減少 2018年11月08日
Lenovo幹部、中国向け製品にバックドアがあることを示唆 2018年09月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidSamsungSnapdragonGalaxyVRLenovoヘッドマウントディスプレイ有機ELGalaxy Fold

広告