Windowsのリモートデスクトップに重大な脆弱性、XP/Server 2003にも修正パッチ

2019年5月16日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 WindowsのRemote Desktop Servicesに、悪用することで任意の外部コードを実行できてしまう脆弱性(CVE-2019-0708)が発見された。細工を施した接続リクエストを送信するだけで攻撃が可能で、自己増殖型のマルウェアに悪用される可能性も高いとのこと(ITmedia窓の杜)。

 この脆弱性の影響を受けるのはWIndows 7/Windows Server 2008 R2以前のWindowsのようだ。Windows 8以降については影響はないとのこと。Windows 7およびWindows Server 2008/2008 R2向けにセキュリティアップデートがすでに提供されているほか、すでにサポートが終了しているWindows XPおよびWindows Server 2003についても、影響が大きいとして修正パッチがリリースされている

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft、Windows XPなど旧OS用の新たなセキュリティ更新プログラムをさらに公開 2017年06月16日
Windowsのセキュリティ更新プログラム、重要な公共サービスなどで多数使われている限り提供し続ける必要がある? 2017年05月21日
ランサムウェア「WannaCrypt」、大流行中 2017年05月15日
Microsoft、Windows XPのセキュリティ更新プログラムを公開 2017年05月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性マルウェアセキュリティWindowsWindows 7Windows 8Windows XP

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース