ガスト、肉料理を集めた「肉祭 2019」開催 7年ぶりに“ガストバーガー”も

2019年5月15日 09:11

小

中

大

印刷

「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)

「ガストバーガー」(写真:すかいらーくレストランツの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

■「肉祭 2019」フェア開催

 すかいらーくレストランツが展開しているファミリーレストラン「ガスト」では16日より、今年も肉料理を集結した「肉祭」フェアを期間限定で開催する。7年ぶりに復活させた“ガストバーガー”や、人気のハンバーグ、ステーキを揃える(価格はいずれも税抜)。

【こちらも】ケンタッキー、新サンド「チキンスライダー」期間限定発売 新サイドメニューも

■商品ラインナップ 

 ・「ビーフ100%肉汁ガストバーガー」:999円
 ビーフ100%のハンバーグ約170gを使い、7年ぶりにボリュームたっぷりで復活。数量限定での販売となる。肉のおいしさが味わえるパティに、特製のBBQソースをかけたトマト、オニオン、チーズ、ピクルスなどをバンズに挟んだ。ハンバーグを2倍にした「肉ダブル」は、プラス300円。

 ・「信州名物 山賊焼き」:799円
 長野県の郷土料理のひとつ。タレに鶏もも肉を漬け込み、片栗粉をつけ油で揚げ、衣がザクザクし辛い豪華な唐揚げ。

 ・「ローストビーフ まぜそば(温)」:899円
 辛みのないシャキッとした食感が特長の紫色のたまねぎ・アントシアニンを使用。醤油ベーズのコクのある麺、トッピングしたローストビーフをまぜて食べる。卵が別にあり、卵黄のみを使って食べるのがベスト。

 ・「ビーフ100%肉汁ハンバーグステーキ」:799円
 ビーフ100%の約170gという肉厚があるハンバーグに、濃厚デミグラスソースを使用。ハンバーグを倍盛りにした「肉ダブル」は、プラス300円。

 ・「宮崎チキン南蛮&もろみ焼きチキン」:799円
 宮崎県が発祥の郷土料理で、南蛮タレの甘酢を使ったチキン南蛮。香ばしく濃厚で熟成された“醤油のもろみだれ”を使い、サクッとやわらかなチキン。

 「牛たん定食」:1,299円
 ご飯とみそ汁、漬物がついて数量限定の販売。やわらかい牛たんを、レモンとねぎ塩だれで食べる。

 ・「牛リブロースステーキ」:1,499円
 ステーキによく合う赤身と脂身の「リブロース」を使った、アメリカンビーフ約150gのステーキ。和風オニオンの生ステーキソースが、おいしさを引き立たせる。ステーキ2枚の「肉ダブル」は、プラス600円。

 ・「冷麺とミニビビンバご飯セット」:999円
 暑い夏を吹き飛ばしてくれる“初夏”の限定メニュー。濃厚なスープとローストビーフを絡めて食べる冷麺と、コチュジャンつきのビビンバ。冷麺単品は、799円。

■ガストのおすすめメニュー

 またガストは、3月より、香りとこくを引き立たせ、認証を受けた農園のコーヒー豆を使った「おいしくなったコーヒー」を、ドリンクバーで販売している。京都の老舗「辻利一本店」の厳選した茶葉を使った、「宇治抹茶パフェ(649円)」、「ソフトクリームあんみつ(499円)」など、合計4品のデザートも発売中だ。  (記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードガスト

広告

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース