ライフ RSS

 

サラリーマンの副業は、在宅からスタートすべき理由

2019年5月14日 11:32

小

中

大

印刷

 企業勤めのサラリーマンでも、将来のことを自らで考え行動しなければ、生活に保障は無い。そんな中、「副業を行うこと」は何も後ろめたいことではなく、今や自分の生活を守るための大切な手段の一つとなっている。

【こちらも】「UberEats」で副業のサラリーマン 週給1万円は当たり前か

 またサラリーマンであっても、決して今の仕事だけをしなくてはならない、という訳ではない。スキルアップや新しい技術の開拓という意味でも、副業はベストな選択といえる。そしてこれから副業を始めるという人は、リスクが低く始められる在宅系からスタートするのをおすすめする。

■会社にばれることが1番のネックだが…

 副業を行う際に最もネックとなるのは、本業の会社にばれてしまうことである。下手をすると就業規則等を理由にクビになってしまうかもしれない。そのためもしも、副業活動を行っている様子を別の社員に見られることは、時に大きなリスクとなりうる。

■だからこそ、リスクが低い「在宅」がおすすめ

 そんな失敗をしないためというのはもちろん、様々な理由で「在宅副業」をおすすめする。まずこれまでの生活サイクルを崩さないで済むからだ。自分の家で完結させることで、自分のペースや環境を守りながら副業を始めることができる。次に家族からの理解を得られやすいからだ。新しいことを始める時には、家族からの理解を得るのが難しい。しかし在宅という、「家族の見える範囲内で行う」ことで、少しずつだが理解をしてもらいやすいといえる。

■ネットで受注して、自宅のパソコンで仕事ができる。

 クラウドソーシングのサービスを使えば、気軽にインターネット上で副業の仕事を受注することができる。大手サービスの「クラウドワークス」や「ランサーズ」には常時数千件を超える案件が存在するため、自らのスキルや経験に合わせた案件を探しやすい。

 スキルに自信が無い人にも、クライアントが指定する文章を書いたり、テープ起こしをしたりとパソコンの基本的な操作ができれば請け負える仕事が多数ある。「自分には何もできない」と諦めるのではなく、まずはスタートしてみることをおすすめする。(記事:後藤遼太・記事一覧を見る

関連キーワード副業クラウドソーシング

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース