トヨタ、プリウスPHVをマイチェン “V2H機能”搭載しスマートハウス対応

2019年5月12日 21:05

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタ・プリウスのプラグインハイブリッド車、新型はスマートハウスの蓄電池として機能する

トヨタ・プリウスのプラグインハイブリッド車、新型はスマートハウスの蓄電池として機能する[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタはプリウスPHV(プラグインハイブリッド車)を一部改良して加えて、5月9日に発売した。今回の改良でもっとも大きな変更点は、乗車定員を従来型の4名から5名としたことだ。トヨタではゆとりの車内空間を実現したとしている。また、クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H(Vehicle to Home)機能”も備えた。災害などの停電時でも、プリウスPHVを住宅向けの “蓄電池”として活用できる。

【こちらも】「平成」の怪物、HVのトヨタ・プリウス! 「令和」の希望、EVのテスラ?

 具体的には、急速充電インレットに、外部給電機能(V2H)をオプション設定し、V2H機器(別売)と接続することで、プリウスPHVの駆動用バッテリーに蓄えた電力を、家庭用電力として利用することができる。加えて、住宅の太陽光発電などで生じた余剰電力を、車両の駆動用バッテリーに蓄電することも可能としており、いわゆるスマートハウスを構築することで住宅の電力需要の平準化効果が期待できる。さらに、充電時間も普段の200V用充電ケーブルを使った場合と比べ、約1時間30分と大幅に短縮できる。

 また、安全・安心装備を拡充させたのもニュースだ。駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し注意喚起するリヤクロストラフィックアラートや、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターを新たに設定した。インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]の設定も拡大した。

 さらに、専用通信機DCM(Data Communication Module)を全車に標準搭載し、遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」のような様々なコネクティッドサービスが利用できる“つながるクルマ”となった。

 トヨタは、PHVを人とクルマと自然が共生する社会を目指す「トヨタ環境チャレンジ2050」の基幹メカニズムと位置付けており、さらなる商品強化に取り組むとしている。新型プリウスPHVの価格は、317万8440円~426万6000円。これが、後送予定の住宅建設会社の創設に繋がる。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタ、中国向けに初投入となるEV・2機種、上海モーターショーで発表
国交省発表、「2018年、もっとも燃費が良かったクルマ」は、トヨタ・プリウス
国内自動車市場の特異性がますます鮮明に、2018年度新車販売ベスト5を独占した軽自動車

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車ハイブリッド車プラグインハイブリッドプリウス蓄電池

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
  • MAZDA6セダン(画像: マツダの発表資料より)
  • ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • アルマ望遠鏡が撮影した、巨大原始星「G353.273+0.641」。原始星周囲のコンパクトな構造を赤、円盤を黄、その外側に広がるガス(エンベロープ)は青として疑似カラー合成されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Motogi et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース