ライフ RSS

 

米UCLA、麻疹発生で学生や職員を隔離

2019年5月2日 09:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

pongchang 曰く、 2019年4月22日にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の学生が麻疹に感染していることがわかり、24日に119名の学生と8名の教職員が隔離された(UCLAのニュース記事)。

翌25日までに免疫が確認された学生43名と教職員2名の隔離が解除されており、検査の結果で解除される人数は増えると見込まれるが、隔離は最大7日間におよぶ可能性がある。

2007年には東京でも大規模な休校措置が行われた。2018年には欧州8万人を超える患者が出て72名が死亡しており、感染者数は2017年の3倍になっていた。10連休で出国者数も過去最高が見込まれるが、検疫所の情報にも注意を払い帰国時に正直な申告をしてもらいたい。

 UCLAの発表によれば、隔離者の数は4月28日午前の段階で28名まで減っており、4月30日いっぱいで全員の隔離が解除される見通しだという。現時点で更新情報は出ていないが、現地時刻は既に5月1日となっており、隔離は終了したとみられる。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
大阪府の高槻赤十字病院、麻疹感染が疑われる患者の診察を「お断り」 2019年03月08日
信仰上の理由から予防接種をしていない信徒の多い宗教団体で麻疹の大量感染 2019年01月29日
ヨーロッパで麻疹(はしか)が流行、一方でイタリアではワクチン接種義務が後退 2018年09月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース