(中国)上海総合指数は0.16%高でスタート、米中通商交渉の合意期待が支援材料

2019年4月24日 10:46

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:46JST (中国)上海総合指数は0.16%高でスタート、米中通商交渉の合意期待が支援材料
24日の上海総合指数は買い先行。前日比0.16%高の3203.56ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時39分現在、0.14%高の3203.09ptで推移している。米中通商交渉の合意期待が高まっていることが支援材料。また、米株高なども買い安心感を与えている。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース