VW幹部、中国が自律運転車ソフトウェア開発の中心地に

2019年4月23日 22:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 フィルクスワーゲン(VW)幹部が、中国は世界の自動運転車関連ソフトウェア開発におけるハブのような役割をすることになると語っている。VWは実際に中国のソフトウェア開発者を活用して、世界的な自律運転車アーキテクチャの設計を行うという(ReutersSlashdot)。

 世界各国の自動車メーカーは自律運転車の開発にしのぎを削っているが、必要なアルゴリズムを組むためのエンジニア獲得に悩まされている。そんな中フォルクスワーゲンは、中国の5つの研究開発拠点に4,000人のエンジニアを抱えているという。しかも平均年齢は29歳と若いという。

 中国はソフトウェアエンジニアの多さに加え、政府のコネクテッドカーや自律運転車のインフラ整備に対する意欲が強い。このことから、中国は自律運転車がいち早く受け入れられる市場の一つになるとしている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
中国・北京の大通りを通行中の電気自動車、システムアップデート開始で立ち往生 2019年02月03日
自動運転技術を使って「新車の匂い」を消す技術、フォードが特許を申請 2018年11月26日
中国、シリコンバレーでの影響力を強める 2018年10月12日
中国政府、公道での自動運転試験ガイドラインを公表 2018年05月15日
百度、自動運転車に向けたオープンプラットフォーム「Apollo」を発表 2017年04月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国自動運転フォルクスワーゲン(VW)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース