ローリー・ロドキン、"蓮の花"ジュエリー登場

2019年4月20日 21:27

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ロサンゼルスのジュエリーブランド「ローリー・ロドキン(Loree Rodkin)」から、"蓮の花"をモチーフとした新作コレクションが登場。2019年4月20日(土)より発売される。

 "蓮の花"をモチーフとした新作ジュエリーは、これまでの「ローリー・ロドキン」のアイテムと比べて、繊細なディテールが特徴。18Kイエローゴールドや18Kホワイトゴールドにダイヤモンドをあしらったジュエリーはすべてが透かしデザインとなっており、ラグジュアリーかつフェミニンなムードが漂っている。

 展開されるアイテムは、チャームやチェーン、ブレスレット、リング、揺れピアスなど。チャームとチェーンは組み合わせることでネックレスとして着用でき、"蓮の花"モチーフ同士を掛け合わせて繊細な表情を堪能するのも良し、ブランドのアイコニックな"ゴシッククロス"ペンダントトップと合わせてミックススタイルを楽しむのも良し。自分好みのコーディネートを見つけてみては。

【詳細】
ローリー・ロドキン 新作ジュエリーコレクション
発売日:2019年4月20日(土)
アイテム例:
・チャーム 210,000円+税 素材:Dia、18k(WG)
・チェーン 240,000円+税 素材:Dia、18k(WG)
・ブレスレット 125,000円+税 素材:Dia、18k(YG)
・リング 250,000円+税 素材:Dia、18k(YG)

【問い合わせ先】
ローリー・ロドキン銀座店
TEL:03-6226-1086

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。