死亡しした豚の脳に特別な液体、一部機能の回復を確認 米国の研究

2019年4月20日 17:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 死後4時間が経過した豚の脳に血液の代わりに「特別な液体」を送り込んだところ、脳の一部機能が回復したとの報告が出ている(Nature誌掲載論文BBCNHK時事通信)。

 この研究は、米国立衛生研究所(NIH)の研究チームによって行われたもの。実験ではシナプスの働きが復活したことが確認できたほか、薬物への反応や酸素の消費が確認できたという。いっぽうで脳全体の電気活動は観測されず、意識や知覚は回復しなかったようだ。

 今回の実験結果からは脳を死んでいるのか生きているのか判断しにくい状態にできることも分かったため、今後こういった技術を利用する場合に向けた倫理面での課題も議論されている。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
13歳を超えると新たなニューロンは生まれなくなる? 2018年03月13日
脳梗塞で死んだ細胞を再生させる研究 2017年01月06日
イタリアで「頭部移植」が計画される 2015年04月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。