10連休の交通機関予約、海外空路は混雑 新幹線には若干余裕 国交省調査

2019年4月20日 12:09

小

中

大

印刷

 国土交通省が10連休における公共交通機関の予約状況を発表し、新幹線にはまだ余裕がある一方で、海外空路では一部が予約率100%となるなど混雑が目立つことが分かった。

【こちらも】10連休の鉄道混雑状況は? 下りは4月27日・上りは5月5日がピーク JR各社

■新幹線の予約率は低め

 19日、国土交通省が4月27日からの10連休における公共交通機関の予約状況を発表した。これは10連休の予約状況を各社からヒアリングして取りまとめたもので、新幹線、航空、バス・レンタカー、外交旅客船については11日時点、内航旅客船については10日時点の数値。

 概況に「全体としては他の交通機関と比較するとまだ空きがあり」とあるように新幹線の予約率は低め。下りは、東北、秋田、東海道、山陽の27・28日分で70%を越えている程度。上りは東北、秋田、東海道、山陽の5日分で60%台となっているくらい。

■国内路線は上りが集中し下りは余裕あり

 航空会社の予約率はジェットスタージャパンのみ61.2%と低めなのを除けば、軒並み70~80%台後半となっている。国内路線の下りでは、AIRDOの27日分が予約率100%となるなど、27~29日までは各社で予約率90%超えの数字が目立つ。その一方で上りは5月1日以降で80~90%台となっており、比較的分散した傾向がみられる。

■海外路線は日本発で100%が目立つ

 日本発の海外路線はエアアジア・ジャパンが27~30日分まで4日連続で100%となっているほか、10連休の前半は90%超えが目立つ。その中でも春秋航空日本は27日から5月6日まで10日連続で90%超えとなっており、ジェットスタージャパン、ピーチ・アビエーション、バニラ・エアも10日間を通して高い予約率となっている。

 日本着の海外路線は5月1日以降になるとほぼ全てで80~90%台の高い予約率となっている。日本発と同様に、ジェットスタージャパン、バニラ・エア、春秋航空日本では10日通して高めの予約率が続いている。

■福岡-釜山間は前半と後半で分かれる

 国内フェリーは航路によって大きな差がみられる。オーシャンフェリーの東京-徳島間は全ての日程で予約率が100%となっている一方、太平洋フェリーの名古屋-苫小牧間では、連休の前半から半ばでも30~80%台に留まっている。

 外交航路の福岡-釜山間では、27~30日の連休前半では釜山行きに満席が目立ち、5月1~6日の連休後半に福岡行きで満席が多い。

■福岡・新千歳空港周辺のレンタカーは混雑必至

 空港へのアクセスバスは一部が混雑しているものの、まだ空きがみられる状況。空港周辺のレンタカーは、福岡と新千歳では29日~5月3日までは非情に混雑しており、関西国際空港でも同時期は混雑している。一方で成田国際空港ではまだ空きがある状況で、東京国際空港でも混雑は29・30日のみに留まっている。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワード国土交通省成田国際空港レンタカー関西国際空港エアアジア・ジャパン

広告

写真で見るニュース

  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
  • 初日の出のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース