ファミリーマート、Tポイント・ジャパンの全株式を売却

2019年4月18日 09:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ファミリーマートはTポイントの大口ユーザーであったが、所有する約15%のTポイント・ジャパンの株式を、すべてカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)側に売却することを4月10日に発表した(日経xTech)。

 ファミリーマートでは「dポイント」「楽天スーパーポイント」も導入されることによるもの。なお既にファミリーマートではd払い、Rpay、Paypalが導入されている(ファミリーマートの「ご利用可能な決済サービス」ページ)。

 もう一つの大口ユーザーであるソフトバンクグループも、Yahoo!ショッピングで付与されるTポイントをPayPayに変更することを発表している(Yahoo!ショッピング)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | お金 | プライバシ

 関連ストーリー:
カードレスでTカードサービスを利用できるアプリ、突然Tカード番号入力を求められる仕様に不満の声 2018年11月26日
YahooIDとTカード番号のみでYahooアカウントの認証が通ってしまう問題 2018年11月16日
東京ガスとCCC、家庭用デジタルサイネージをモニターに無料配布へ 2018年02月05日
T会員6,500万人の購買データを元に、その活用法を考えるイベントが告知される 2018年02月02日
CCC、ユニークなTカード会員数が6000万人を超えると発表 2016年09月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクファミリーマートカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)Tポイント

広告

財経アクセスランキング